自動車売却

車買取で即日現金化できる業者あり!即金の必要書類&2つの注意点

説明をする営業の男性

急な引っ越し等で車を売る必要がある、または今すぐお金が必要なため即日現金化したいという方もいるのではないでしょうか。

即金対応可能な業者は限られてしまいますし、そのためには売却・名義変更のための書類も準備しておく必要があります。

ここでは今すぐ車を売って現金を手にしたいと思っている方に、即金対応可能な業者の紹介と条件に付いてまとめています。また即金のために準備しておくべき必要書類も明記していますから、参考にして今すぐにでも行動しましょう。

車買取で即日現金化するのは基本的に不可能

ストップをするサラリーマン

急にお金が必要になって、車を売って即日現金化したいという方もいるかと思います。売買契約が成立したらすぐにお金が手に入るのではと思うかもしれませんが、本やCDなどをリサイクルショップに売るのとは違うので基本的には不可能です。

その理由としては主に以下の通りです。

  • 高額の取引になるため
  • 名義変更等の手続きに時間がかかるため
  • 大手は支払い対応部署が異なるため

かといって、どこの買取業者も即金不可なのかというと、そうとは限らないので探してみるといいでしょう。

【早見表】大手車買取業者10社の即日現金の対応可否

買取業者名 即金対応の可否
ビッグモーター ×
ガリバー ×
T-UP ×
ユーポス ×
カーチス ×
ティーバイティー ×
ラビット △(店舗による)
アップル △(店舗による)
カーセブン △(店舗による)
カーチェンジA1 △(店舗による)

車買取金額の振り込みにするのは”高額取引のリスク”があるから

交渉している最中

たいていの車買取業者はタイミングに若干差があるものの、車買取金額の支払いは振り込みとなります。

その理由は、車の買取は高額の取引となってしまうからです。状態にもよりますが車の買取額は数百万円となることも少なくありません。高額取引のリスクは以下の通りです。

車の高額取引によるリスク方法
  • 業者は常に数百万円の現金を保管しておかなければいけない
  • 査定士が見抜けなかった不具合が出ても返金を求めづらい
  • 出張査定なら査定員が大金を持ち歩かなければいけない
  • そもそもそれだけの現金の準備ができない

即日現金支払いをしている買取業者はこういったリスクがあってもサービスの一環、他社との差別化としておこなっています。

ワンポイントアドバイス
裏を返せば、即金可能な業者はこれが強みとなるため、査定額は低く抑えられるのです。

即日現金に対応している業者を”6社ピックアップ”

買取業者名 対応可否 注意点
ケンモータース 車・書類が準備できれば即日振込可能だが、会社が札幌市のため現実は難しい
東京アセス 車・書類が準備できれば即日振込可能。店舗は東京と愛知
カーセブン 5万円を上限に売却金額の10%を即日現金支払い可能
オークショントレード 車・書類が準備できれば即日振込可能だが、会社が大分県のため現実は難しい
ソッキン王 唯一と言っていいほど即金を明記している。店舗は神奈川・埼玉だが全国どこでも積載車で引き取り可能
カウカウ 全国に店舗がある大手買取店。即金は明記していないが車・書類が準備できれば即日振込可能とのこと。

即日現金対応可能な車買取業者は全国でも多くはありません。どうしてもその日のうちに現金支払いをしてほしいという方に、即日現金に対応している業者を上記にピックアップしてみました。

ここは注意だ

条件としては車と諸書類の不備がないことです。またローンの残債がある方などは手続きに時間がかかることもあり、即金は難しくなることもあります。

即金対応可能な業者を”車一括査定”で聞くのもおすすめ

重要と書かれた紙を指差す

即金対応可能な業者を自分で探し出すのは容易なことではありません。いろいろな業者に査定してもらっても、最終的にすぐに即金対応できなければ意味がないでしょう。そんな時には車一括査定を利用して、そこで聞くのも一つの方法です。

車一括査定を利用して複数の車買取業者に査定を依頼すると、実車査定をするための電話がかかってくることがほとんどです。

その時に即金対応ができるか確認するといいでしょう。原則不可でも、もしかしたら対応してくれる業者もあるかもしれません。

【2019年最新】車一括査定おすすめランキング

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2019最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ユーカーパック
    ユーカーパック
    1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
    2. 高価買取に期待できる
    3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

    オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績が急増している。

    本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。でも、ユーカーパックなら売主の代わりに、ユーカーパック専属の担当者が交渉を全て代行。

    交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定です。

    ユーカーパック
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】かんたん車査定ガイド
    かんたん車査定ガイド
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    かんたん車査定ガイド
    無料一括査定はこちら

即日現金・即金対応のために揃えておきたい必要書類

ノートのチェック

即日現金・即金対応できる業者があったとしても、売却・名義変更のために必要な書類がすべてそろっていなければ即日対応は無理です。即金対応可能な業者探しとともに、必要な書類を準備しておくことが大切になります。

即日現金・即金対応のために揃えておきたい必要書類一覧

車売却時の必要書類が種類別【普通・軽・個人売買】の全てがわかる!

自動車売却時に必要な書類一式【全3パターン】 自動車を売却する際には、……続きを読む
車売却時の必要書類が全てがわかる

【普通車】売却する際の”必要書類7つ”

チェックをするビジネスマン

即日現金化するには普通車は以下の7つの書類を準備する必要があります。

普通車を売却する際の”必要書類7つ”
  • 自動車検査証原本
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証原本
  • 印鑑証明書原本
  • リサイクル券
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 実印

このうち、自動車検査証と自賠責保険証、リサイクル券は常時車に入れておくものなので、おそらくあえて準備する必要はないかと思います。また車に乗る方なら運転免許証は常備しているでしょうから、こちらも問題ありません。

納税証明書も自動車税を支払った時に車検証入れに入れている方なら大丈夫です。ですので、取得する必要があるのが印鑑証明書です。

車検証と印鑑証明書に記載されている住所が異なる場合は住所変更の回数に応じで、住民票や住民票の除票なども必要になります。

【軽自動車】売却する際の”必要書類6つ”

ビジネスマンのトーク

軽自動車を売却する際には、普通車よりも必要書類が少なく、以下の6つになります。

軽自動車を売却する際の”必要書類6つ”
  • 自動車検査証原本
  • 軽自動車納税証明書
  • 自賠責保険証原本
  • リサイクル券
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 認印

普通車同様、車検証や自賠責保険証、リサイクル券などは車検証とともに入っているでしょうし、軽自動車納税証明書もしっかり保管しておけば必要書類は簡単に揃います。

また認印でOKなので、印鑑証明書を取得する必要もありません。そのため、軽自動車は普通車に比べて急に車を売ることになったとしても、すぐに対応可能です。

普通車もそうですが、これらの書類を紛失している場合でも買取業者に伝えれば対応してくれることもあります。ただし、その場合即日現金化は難しくなるかもしれません。
現金化なんて諦めてディーラーに売りにくるんだな。

即金対応の中古車買取業者に売るときの注意すべき『2つのこと』

ポイントと書かれた黒板

即金対応の中古車買取業者に売るときは以下の2つのことに注意しましょう。

  • 対応してくれる業者が少ない
  • 足元を見られてしまう恐れがある

数ある車買取業者の中で、即金対応可能な業者はどうしても限られてしまいます。特に大手買取業者のほとんどは即金対応不可となります。そのため即金対応が第一条件だと、どうしても信頼できる買取業者は少なくなるでしょう。

そして、即金対応可能な業者が少ないのですから、対応業者からすればそれが強みとなります。そのため、この価格ならすぐに現金で支払いますよ、と言われてしまう恐れがあります。

結果的に大幅に安く売ることになってしまいます。それを避けるには、まずは最初から即日現金払いしてほしい、ということは伝えないことです。

逆手に取って、即金対応してくれるなら、その金額で売りますと強気に交渉するほうがいいでしょう。そのためにもできるだけ多くの業者に査定して即金対応可能な業者を探すことです。

まとめ

説明をする営業の男性

このように今すぐ現金が必要で車を売りたいという方は、どうしても買取額は低くなってしまう可能性が高いです。それどころか地域によっては近くに即金対応可能な業者がない、なんてこともあり得ます。

業者を探しているうちに時間が経過してしまう恐れがあるので、そういう方こそ車一括査定などを利用して早めに業者と交渉することが大切です。

即日ではなくても数日中に現金を手にしたいという方は、できるだけ早く交渉と必要書類の準備をしましょう。

ページの上に戻る