自動車売却

最も高く車を売る方法は?5つの売り方のメリット・デメリット!

高額で車を売る方法

車を売るとき、手間をかけずに売りたいものですが、何よりも「高く売りたい」と思っているのではないでしょうか。

多くの人が車の乗り替えを予定しているはずですので、売却したお金を車購入の資金にしようと考えているでしょう。

車を売る方法
  • ディーラー下取り
  • 中古車買取店
  • 車一括査定
  • ネットオークション
  • 個人売買

ここに挙げたのが車を売る主な5つの方法ですが、注意したいのは売り方によって売却金額が雲泥の差だということ。

売却方法の選択は必ず慎重に行いましょう。

この記事では、車を売る5つの方法を解説しながら、それぞれのポイント、メリット・デメリットを見ていきます。後悔しない売却を成功させるためにぜひ参考にしてください。

どこがいい?5タイプから車を高く売る方法をチェック

ノートのチェック

車を売る主な方法は5つありますが、そのなかでどれを使えばいいのか。それぞれの違いについてよく分からないという人もいるでしょう。

そこでまずは評価をまとめておきます。

車の売却方法
方法 手続き トラブル 高価買取
ディーラー下取り ×
中古車買取店(持ち込み)
車一括査定
ネットオークション × ×
個人売買 × ×

このなかで最もおすすめな売り方は「車一括査定」です。もちろん、メリット・デメリット両方あるのは他の方法と変わりないので、詳しくは後で説明します。

ただ、高額買取を狙うなら、圧倒的に「車一括査定」だというのは事実ですから、そのポイントはしっかりおさえておきましょう。では今から、それぞれのポイント、メリット・デメリットを見ていきましょう。

車の売却方法一覧

【1】ディーラー下取り

ビジネスマンのトーク

ディーラー下取りは、車の購入のとき、ディーラー店でお持ちの車を引き取ってもらうサービスです。

つまり、車を売るだけ売って、そこで車を買わないということはできません。そして、下取り価格は車購入の代金から引かれるので、現金として持って帰ることもできません。

ディーラー下取りのメリットといえるのは、車の売却、車の購入が一連の流れでできるので手間ひまがかからないことです。手続き面でも、ディーラーに任せておくだけなのでスムーズです。

一方、デメリットは査定額が安いこと。この理由は、ディーラーとはそもそも車販売業者であるからです。下取りはいわば、おまけのサービスのようなものですから、査定は消極的です。また、下取り査定では手数料もとられます。

ディーラー下取り
  • メリット:乗り替えや手続きがスムーズ
  • デメリット:査定額が安い

ディーラーでは、引き取った車を高く売れる販売路を持っているわけでもないので、車の価値の低い車はとことん査定額が安くなってしまいます。

お持ちの車がそれほど高値にならなさそうだと判断した場合、下取りでは二束三文の値がつけられる可能性があります。

下取りはほかの売却方法より数十万円の幅で損しかねないので、下取りは避けた方がいいです。
下取りは次の車を購入するための割引みたいなものだから高く買取ることなんてできん!

【2】中古車買取店

相談窓口の男性

中古車買取店の場合、下取りとは違って査定料は無料で、買取店への持ち込みのほか、自宅への出張サービスがあります。

中古車買取店はその名の通り、買取専門の業者であり、ほかの買取店との競争原理も働くため、積極的に査定をしてもらえる可能性がかなり高くなります。その点は大きなメリットですが、下取りのように売却から購入へというスムーズな流れではありません。

また、注意したいのが、ディーラよりも高く売れるとはいっても買取店ごとにむらがあるということ。当然ですが、相手側からすれば安く買い取れた方が利益になります。そのため、業者によってはディーラーなみの安い査定額を提示してくることも。

中古車買取店
  • メリット:査定額が高値になりやすい
  • デメリット:複数の業者を比較したり交渉したりする手間がかかる

査定を出した買取店が正当な値をつけたのかどうか知るには相場を知っておくことが必要です。

そのためには複数の業者を回って査定してもらわなければなりませんし、少しでも高値で買い取ってもらうためには他の買取店でも査定しているとアピールして交渉しなければなりません。

このへんが手間だという人もいますし、うまくできるかどうか不安になる人もいるでしょう。そういう人は次に紹介する「車一括査定」を使えば、買取店のいいとこどりをできるのでおすすめです。

【3】車一括査定

パソコンで調べる男性

車一括査定は、中古車買取店を便利に使うためのサービスです。一度に複数の中古車買取店に査定依頼することができます。

一括査定サイトにネット申し込みをすると、複数の買取店に出張査定してもらうことができます。買取店を一店舗ずつ回って、買取相場を比較する必要はありません。

加えて、査定額アップのための交渉についても、自力でするのとは勝手が違います。というのも、一括査定サイトに参加している買取店はすでに他の買取店も査定しているのだと知っているからです。

複数の業者が競い合うので、査定額が自然と吊り上がりやすいのが特徴です。

車一括査定
  • メリット:最高額の査定で買取できる
  • デメリット:時間がかかる

ほかの方法よりも最高値で売れる可能性はかなり高くなりますが、複数の業者に査定してもらうので時間はかかってしまいます。しかし、この手間ひまを惜しむと、なかなか高額売却の実現は難しいです。

見方をかえれば、少し時間をかけるだけで、後悔しない売り方ができるということですから、車一括査定を活用することをぜひおすすめします。

【4】ネットオークション

スマホを操作する男性

ネットオークションはヤフオク、モバオクといったサイトで、個人売買する方法です。この売却方法のメリットは、売値をこちら側で設定できることです。

ただ、買い手が見つからなければ売れませんし、上手に売るためにもお持ちの車の相場等を事前にリサーチしておく手間もかかります。

また、売買の成立後、名義変更など法的手続きも個人間で行わなければなりません。見ず知らずの人と個人間での契約なので、トラブルも起こりやすいです。

ネットオークション
  • メリット:売値が設定できる
  • デメリット:トラブルが多い
車の売買は複雑な手続きを踏みますから、よっぽどうまく対応できる人でない限り、この方法は避けた方がいいでしょう。
ディーラーでの下取りならディーラーが手続きをしてくれるから簡単だぞ。

【5】個人売買

握手をするサラリーマン

個人売買は、知人との売買などにあたります。ネットオークションなどの売買の場さえ使わない場合、中間マージンも発生せず、うまくいけばそれなりにいい値で買い取ってもらえる可能性があります。

とはいえ、ネットオークション同様、個人ですべて手続きを処理しなければならず、トラブルが起こりやすいので、個人売買はできれば使わない方がいい売却方法です。

個人売買
  • メリット:売値が設定できる
  • デメリット:トラブルが多い

契約した相手に車を渡したのにお金を支払ってくれないとか、相手がなかなか法的手続きを進めてくれないといったケースも多いようです。

ここは注意だ

個人売買は一見、手っ取り早いような方法に見えますが、リスクも含めて最も面倒が多いものだと言えるでしょう。

5つの売却方法をまとめて比較「おすすめは車一括査定」

重要と書かれた紙を指差す

これまで見てきたように、買取額、手続き、トラブルなど様々な面を総合して判断した場合、「車一括査定」を利用するのが最善だといえるでしょう。

売る方法 メリット デメリット
ディーラー下取り 乗り替えや手続きがスムーズ 査定額が安い
中古車買取店 査定額が高値になりやすい 複数の業者を比較したり交渉したりする手間がかかる
一括査定 最高額の査定で買取できる 時間がかかる
ネットオークション 売値が設定できる トラブルが多い
個人売買 売値が設定できる トラブルが多い

どの方法もメリット・デメリットがありますが、何より優先されるべきメリットは高値で買い取ってもらえることのはずです。その条件を満たしつつ、デメリットが比較的問題になりにくいものが、 車一括査定です。

迷うならコレ「車一括査定」を詳しく知ろう

車の絵を指差すサラリーマン

車を売る方法を比較したとき、車一括査定が最も役立つという話をしました。

どれを使えば分からないと迷っているなら、まずこの方法から試してみることをおすすめします。ここでは一括査定の流れや手続きについて詳しく解説します。

車一括査定についての知識一覧

車一括査定の流れ

1.2.3.4と書かれた木の板

車一括査定サイトには、おそらく誰もが一度は耳にしたことのある「カーセンサー」や「ユーカーパック」などがあります。

こういった信頼性や実績の高いサイトを使えば安心して利用できます。では、そのようなサイトで買取するとき、どうするのかをこれから見ていきましょう。

一括査定の流れ
1 ネットで車一括サイトで申し込む
2 買取店から電話が来るので、出張査定の日時を決める
3 複数の買取店が査定した結果、最高額を出した業者と契約する
4 必要書類提出や車の引き渡し日などの決定をする
5 車を引き渡した後、振込みなどで買取代金をもらう

一般的な買取店への査定依頼とさほど流れは変わらず、なおかつ、複数の業者へ同時に依頼ができるのでとても便利です。

ワンポイントアドバイス
サイトに申し込む際、査定依頼する業者の数も自分で選ぶことができます。平均3~5社ほどに査定してもらうのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、査定を複数業者に競合させることが重要です。買取店に自社と契約してもらいたいと思わせるような場を作るだけでも、査定結果が数十万円の単位で変わってくることもあります。

一括査定サービスを使うデメリットとして、時間がかかるということのほか「業者から電話がある」ということも挙げられますが、高額な査定が期待できると思えばそれほど大きなデメリットとも言えないでしょう。

それに、カーセンサーならメールでのやり取りを選ぶ方法もありますし、ユーカーパックなら複数の買取業者との交渉をすべてユーカーパックの担当者が代行するので煩わしいことは何もありません

車一括査定サイトの必要書類

一括査定の必要書類
自動車検査証 通常、ダッシュボード内に保管してある
自賠責保険証明書 通常、ダッシュボード内に保管してある
自動車納税証明書 通常、自宅やダッシュボード内に保管してある
委任状・譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 通常、ダッシュボード内に保管してある
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ、役所で発行

これは買取店での必要書類と同じで、車一括査定サイトを使うからといって特別な書類などはありません。

車一括査定サイトの違い

びっくりマークを指差す男性

車一括サイトには様々なサイトがあります。買取店の提携数も違えば、サイトの使い方にも違いがあり、それぞれの特徴を持っています。

カーセンサーは提携業者数が他のサイトと比べてはるかに多く、そして同時に査定依頼できる最大数は30社という数です。カーセンサーは高額な査定額がつきやすいことで有名です。なんとしても高額売却を狙いたいという人向きと言えるでしょう。

ユーカーパックは電話対応がユーカーパックの担当者のみなので、交渉が苦手な人向けです。実地査定も各業者が訪問するのではなく、ユーカーパックの担当者だけで査定を済ませられるので、手間ひまや気苦労はかなり軽減されます。

特色に合わせたお好みの一括査定サイトを選ぶのも買取のポイントと言えるでしょう。

まとめ

パソコンとスマホを操作する手

今回は車を売る5つの方法をご紹介しました。なるべく車を高く売るなら、下取りや一般的な買取店、個人売買は使わず、一括査定サイトで複数の買取業者を競合させ、最高額の査定を吊り上げる方法をとりましょう。

一括査定サイトは様々な特徴を持つものがあるため、自分に合ったサイトを見つけて選ぶこともポイントです。

コメントを残す

ページの上に戻る