自動車売却

中古車買取価格が高い時期は『1月~2月』売り時はこの時期がベスト!

2月のカレンダー

車を売るのなら少しでも高く売りたいものです。そこで1つのポイントになってくるのが、需要と供給です。中古車市場というのは、良くも悪くもこの需要と供給によって、大きく値段が左右されてしまうのです。

ここでは中古車の買取価格が高い時期について考えてみます。そもそも車の買取で、値段が高くなる時期があるのでしょうか。

実は先ほどお伝えしたように、需要が伸びる時期には車が売れるので業者としても仕入れをするのに高値をつけることがあるのです。

中古車の買取価格が最も高い時期(売り時)は『1月~2月』

重要と書かれた紙を指差す

中古車の買取価格が最も高くなる時期ですが、1月~2月であると言われています。その理由は大きくわけて2つあります。

  • 決算の時期である
  • 4月からのセールに向けて在庫を確保しておく

ではそれぞれに見ていきます。1つ目の理由なのですが、多くの企業では3月と9月が決算期となるのです。そのため少しでも多く売り上げを確保したいと、企業は考えています。

中古車業者の場合は在庫である車がなければ、そもそも売ることができません。ですので決算期を前にしてセールを行うので、その前に在庫を確保しておく必要があります。

だからこそ多少高くなっても買取をしているのです。また2つ目の理由ですが、3月や4月は年度替わりであるため、多くの人が新生活を迎えます。

その時に合わせて車を購入する人も多いのです。そのため春のセールを前に在庫を仕入れるという目的もあって、1年で最も買取額が高くなる時期なのです。

次に車の買取価格が高い時期(売り時)は『7月~8月』

ビジネスマンのトーク

1月~2月の時期と比較すると多少は落ちるかもしれませんが、次に高値がつく時期としては7月~8月のタイミングです。この時期に車買取の値段が高くのも2つの理由があります。

  • 夏のボーナスで車を購入する人が多いため
  • 9月が決算期である企業が多いため

この2つの理由から7月~8月も高値がつく傾向にあります。中古車でも余程の格安車でもなければ、まとまったお金が必要です。そのためボーナスを頭金として車を購入する人が増えます。

需要が伸びるため、在庫を確保する意味でも買取相場が高くなるのです。また9月は半期決算の月です。そのため先にもお伝えしたように、できるだけ多くの中古車を販売したいのが、企業としての意思でしょう。

買取業者は売るための在庫が必要ですので、相場より高値を出しても購入するのです。

車を買い替えるおすすめの時期&タイミングは”3つ”

ノートのチェック

次に車を買い換えるのにおすすめの時期や、タイミングについて見ていきます。このポイントは大きく分けて3つです。

車を買い替えるおすすめの時期&タイミングは”3つ”

ではそれぞれに詳しく解説していきます。

【タイミング1】車検が切れる前に買取に出す

ディーラーと契約成立

車を買い換えるタイミングとして妥当なのが、車検が切れる前に買取を利用することです。どうして車検前なのかですが、1つは車検の残存期間はさほど査定に影響しない点をあげておきます。

車検が多く残っている方が有利ではと考える人もいます。ですが実際には多少はプラスになっても、査定額そのものに大きな影響は与えないのです。

その理由としては車買取業者というのは、大抵が自社工場を持っていて安く車検を通せるからです。そのため車検そのものがポイントにはなりません。逆に言えば車検を通してから車買取の査定を受けるのは、避けた方がいいでしょう。

それは車検を通したことによるプラスよりも、車検代の方がかかってしまうからです。トータルで見ると、マイナスになるので車検前に買取に出すのがおすすめになります。

【タイミング2】フルモデルチェンジ(新車種の発売)前に買取に出す

グラフとお金

次に気をつけたいのがフルモデルチェンジ前には買取に出す点です。実は中古車市場ではフルモデルチェンジがあると、買取相場がかなり下がってしまいます。

それは新しいモデル車への需要が高まり、古いモデルの車への需要が低くなるためです。ですので車の買い換えをするのなら、フルモデルチェンジがあると情報が出た時点で考えるべきでしょう。

実際に情報が出てから、フルモデルチェンジが行われるまでタイムラグがあります。この間に買取をしてもらうのがおすすめです。

ワンポイントアドバイス
ちなみにフルモデルチェンジで、買取相場がどのくらい下がるのかですが、元の車種の人気にもよります。

数万円程度ですむこともあれば、十万円単位で下がることもあるのです。そのため情報を掴んだ時点で買取を検討するのが無難だと言えます。

【タイミング3】年数が増える(年式が古くなる)前に売却

びっくりマークを指差す男性

最後のタイミングですが、車を買い換えるかどうか迷っているのなら、早めに売ってしまった方がいいです。なぜなら車の価値は年式が増えるごとに下がっていくためです。年式は1月1日の時点で更新されていきます。

先述したように車には売るべきタイミングがあるのですが、それを待っていると年式が1つ増えてしまうかもしれません。

それよりは時期にこだわらず、年式が若い内に売ってしまう方が得策です。特に気をつけたいのが車検の時期になります。

  • 3年
  • 5年
  • 7年

とありますが、このタイミングで車を売る人が多いので、査定額も大きく変わってくるのです。

節目のタイミングであるのなら、年式が増える前に車買取をした方がいいです。
年式が増えれば増えるほど安く買取をしてやるぞ。

高価買取のできる時期を逃さないために~車売却の全手順~

スマホを操作する男性

では自分の車を買取してもらうと決めた時には、どういう手順を踏んでいけばいいのかを考えてみます。

  1. 買取してもらう車の査定相場を調べる
  2. どの車買取業者で取引するのか選ぶ
  3. 必要な書類を用意しておく
  4. 査定の申込をして、査定をしてもらう
  5. 買取額に納得がいけば、売買契約を結ぶ
  6. 車両引き渡しをして、入金を確認する

といったような流れで行います。ここで高く車を買取してもらうのなら、時期だけではなく複数の業者から見積もりを取るようにしてください。最初の査定相場を調べるという段階で行うと、効果的だと言えるでしょう。

あとは高い見積もりをだした業者を選んで、査定を受けていくという流れです。必要書類については普通車なら印鑑登録証明などがあるので、役所でもらっておいてください。

時期(売り時)以外に車を高く売る『3つのコツ』

チェックをするビジネスマン

最後に車買取で高値がつきやすい時期以外に、高額査定を勝ち取るポイントを紹介しておきます。

時期(売り時)以外に車を高く売る『3つのコツ』

この3つについて詳しく調べてみました。

1.純正オプションも査定に出す

ビジネスマンのトーク

車を購入した時に純正オプションをつけているのなら、高値での査定が勝ち取りやすくなります。一般的な中古車市場では、純正オプションが高く評価されるためです。特に人気がある純正オプションを紹介しておきます。

  • エアロパーツ
  • ホイール
  • ナビ

などが該当します。他にもオプションのボディカラーなども高額査定がつきやすくなります。

ここは注意だ

反対にオプション品でも社外品は好まれません。そのため社外品パーツをつけている場合は、ノーマルに戻してから査定を受けてください。

2.車内を綺麗に掃除して査定に出す

3列シートの車内

査定前には必ず車内をきれいに掃除しておきましょう。また外観についても洗車をしておくとベストです。原則として査定項目に車のきれいさは含まれません。そのため直接的には査定とは関係が無いとも言えるのです。

ただきれいに掃除をして、洗車もしておくと査定員の印象が良くなります。そのため間接的に査定額のアップに繋がるのです。

また車内の臭いにはついては、できるだけ無臭にしておきましょう。査定では大きなポイントで、臭いの有無によって10万円単位で査定額が違ってきます。

3.複数の車買取店と価格交渉をする

価格について説明するサラリーマン

車を高く買取してもらうなら絶対に欠かせないのが、複数の車買取店と価格交渉をすることです。最初に買取店を選ぶ段階で、まずは車一括査定を使って複数から見積もりをとります。

その後上位3社ほどを選んで、それぞれに査定を受けるのです。査定後には価格交渉があるのですが、そこで他社とも交渉していることを伝えるといいでしょう。この時に値段を言わないのがポイントです。

ただ価格交渉後に契約を保留したとしても、1週間程度が限度になります。その間にどこで買取してもらうか決めてしまいましょう。

複数の車買取店を競合させて高く売るなら『車一括査定』がおすすめ

重要と書かれた紙を指差す

先述したように車買取で高額査定を勝ち取るには、複数の車買取店との交渉は欠かせません。そこで重要なのが入口である、車一括査定というサービスです。インターネット上の無料サービスの1つで、24時間365日利用できます。

車一括査定を使うメリットは、車買取店同士で競合させられる点です。買取店もビジネスですので、できるだけ安く仕入れて高く売ろうとしています。

そのため1社だけと交渉をすると、足下を見られる可能性があるのです。だからこそ車一括査定が重要だと言えます。

【2019年最新】安心して利用できる車一括査定おすすめランキング

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2020最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ナビクル 楽天カーサービス
運営会社 リクルート エイチーム 楽天
提携業者数 1,000社 55社 100社
同時査定依頼数 30社 10社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ナビクル
    ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】楽天カーサービス
    楽天カーサービス
    1. 参加企業数は100社以上
    2. 同時依頼最大10社
    3. 楽天ポイントが貰える特典

    楽天カーサービスは車一括査定サービスの中で唯一「ポイントが貰える特典」があります。

    獲得できるポイントは「申し込みで楽天5ポイント」「売却したら楽天1,500ポイント」です。

    同じ買取業者に依頼するなら、少しでもお得に依頼できるのが楽天カーサービスの魅了です。加えて、申し込み後に買取相場が分かるので買取価格の目安にできます。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら

まとめ

2月のカレンダー

中古車を高く買取してもらうには、時期があるという点についてでした。原則として中古車市場は需要と供給で成り立っているため、需要が高まる時には多少相場より高くても、車買取店は在庫を仕入れようとします。

そのため1月~2月、7月~8月といった時期には、車の買取額がアップする傾向にあるのです。ただこのタイミングを待つことで、年式が古くなると買取額が下がります。

ですので時期としてうまく合えばいいのですが、合わないのなら少しでも早く買取してもらう方が有利です。

ページの上に戻る