自動車購入

車の値引きはいくらまで?値引き交渉のコツと車種別の値引き価格相場

だれでも出来る 値引き交渉

車を購入するとき、少しでも安く購入できたらと誰もが思うはずです。値引き交渉にチャレンジしたいけれど、うまくできるか不安な人もいるでしょう。

事実、むやみやたらに値引いてほしいと頼んでも、安くしてもらうことはできません。また、ディーラーが値引きのように装って実は値引きになっていないということもあります。

値引き交渉の知識を前もって知っておくことがまずは大事です。そこで今回は車購入の値引き交渉についてお話ししたいと思います。値引き交渉のポイントのほか、車種別に値引きの相場を紹介するのでぜひ参考にしてください。

新車購入の値引き交渉術“3つのコツ“

チェックするサラリーマン

まずは車の値引き交渉でやるべき3つのコツについてチェックしていきましょう。

値引き交渉という言い方をすると、自分にできるかな?と心配になりそうですが、やることは少し意識すればできることなので安心してください。

新車購入の値引き交渉術“3つのコツ“

もちろんここに挙げたのはコツであるため、値引きにおいて必須の行動というわけではありません。知っておくと有利になるような方法と思ってください。

では今から一つずつ見ていきましょう。

【コツ1】「買う気がある」「今日決める」意思を見せる

ビジネスマンのトーク

値引き交渉を想像したとき、買うかどうか迷っていると伝えた方が思い切って値引きしてくれるように思えますが、その反対の態度をアピールするほうが効果的です。

ディーラー側からすれば、買わない客に対して熱心に値引きしようとは思いません。

「あっ、この人、値引きしたら購入するかも」と思わせて、初めて交渉の土俵に上がれます。具体的な金額交渉では、「〇〇円になるんだったら、今日決めます」といった言い方をするのもいいでしょう。

【コツ2】同じ車種・同系列店で複数の見積もりをとる

書類を見ながら相談するサラリーマン

複数の店舗で見積もりを出してもらうことも有効です。「他の店では15万円を値下げすると言われています。こちらで、あともう少し値下げできるなら、この店で購入するんですが」と言い、他店の見積もりを見せる交渉方法です。

この場合、見積もりをとるのは同じ車種のものに限定しましょう。希望する車種と同タイプのライバルメーカーの見積もりを出して競わせようとする手は逆効果だと言われています。

というのも、ディーラーからすると、この客は購入金額だけしか見ていないから、うちで購入する可能性はそれほど高くないかもしれないと思い、積極的に商談をする気が薄らいでしまうからです。

そういう事情もあるため、希望する車がニッサンであるなら、ニッサン系列の複数のディーラーの見積もりをとり、競わせて値引き額を吊り上げるようにしましょう。

念入りに相見積もりをするときには他県の店舗でも見積もりを出してもらうのがおすすめですよ。
複数の見積もりなんか出さないでさっさと安く売ってしまえばいいんだ!

【コツ3】下取りは使わない

ストップをするサラリーマン

車を購入するとき、下取りサービスがありますが、これは使わない方がいいです。まずディーラー下取りはあくまでも「おまけの売却サービス」です。ディーラーは車の販売が主な業務ですから、車を買い取ることに消極的です。

お持ちの車を売るときには必ず、中古車買取店で査定してもらいましょう。その方が断然、車購入の資金になります。もう一つ、下取りを使わない方がいい理由は、値引き交渉の邪魔になるからです。

ここは注意だ

ディーラーはお持ちの車の下取り額と新車の購入価格をコントロールして、あたかもこちらがお得に売り、お得に買えたように見せかけることがあります。

「車の購入の値引きは厳しいですが、下取りでがんばってみます」というようなことを持ちかけたとします。

こちら側からすると、最初は「購入額200万円・下取り額10万円」だったのがディーラーの働きかけで「購入額200万円・下取り額20万円」となって、結果的に10万円も値引けたと喜んでしまいそうです。

しかし、下取り査定額はもともとかなり低めに設定されています。これでは、値引きに成功したといえませんし、もし買取店に持っていけば40万円の査定がついたといったケースも起こりえます。

ポイントになるのは、まずお持ちの車の売却は買取業者に高値で売り、車の購入の際には純粋にその車両の値引き額をアップさせるということです。

値引き交渉のために知っておきたい“2つのポイント“

ポイントと書かれた黒板

ここでは値引き交渉をするうえで知っておくべき2つのポイントについてお話ししたいと思います。

値引き交渉のために知っておきたい“2つのポイント“

大幅な値引きが実現できる時期をチェックすることは大事ですし、値引き率の仕組みを理解しておくことも交渉では大事になっていきます。

では、今からこの2つについて見ていきましょう。

1.値引きの時期

机に置かれたカレンダー

車の大幅な値引きがされる時期があるので、そのタイミングに合わせて購入するのも一つの手です。

時期 理由
決算期(3月) ・年度末への強い意識
中間決算(9月) ・半期の業績への強い意識
夏のボーナス時期(6~7月) ・販売促進(ボーナス時期)
冬のボーナス時期(11~12月) ・販売促進(ボーナス時期)

3月は会社の決算期であり、自動車メーカーは株主に業績を開示するため、販売台数に必死になる時期です。メーカーはディーラーになんとしてでも販売台数を増やさせたいので、ノルマ達成時に奨励金を与えます。

ディーラーは目標を達成するために大幅な値引きを行ってでも車を売ろうとします。9月も同じ理由で、中間決算だからです。とはいえ、あくまで中間の業績であるので、3月ほどの値引きは期待できません。

ワンポイントアドバイス
6月7月、11月12月は消費者のボーナス時期であるため、販売促進のために値引きしやすい傾向になっています。

2.値引き率・値引きの限界額

現金と電卓と車のおもちゃ

どの店舗でも共通した一定の値引き率・値引きの限界額というものはありませんが、当然、限度なく値引きをしてくれるわけではありません。

一般的な話では、普通の乗用車による車両本体の値引き率は本体価格の10%~20%ほどと言われています。軽自動車については5%~10%ほどだそうです。

これとは別に、ディーラーオプション(カーナビ、オーディオ、アルミホイール、エアロパーツなど)の値引きではオプション価格の15%~25%あたりで値引きが可能だと言われています。場合によってはさらに値引きしてくれることもあるでしょう。

ちなみに、ヘッドライトやセキュリティーシステムなどメーカーの工場でつけられたメーカーオプションについては通常、ほとんど値引きはされません。

希望の車種、購入の時期、交渉の仕方など様々な条件によって、ここで挙げた値よりもはるかに高い値引き額になることもあります。
値引きの計算などしないでくれ…安くしているのがバレてしまう。

どれくらい値引きができる?【車種別】値引き額の相場

上昇するグラフを指差す男性

車の値引きは車種によっても異なります。ここではメーカーごとの車種別による値引き相場をご紹介します。

なお、値引き率はシーズンやモデルチェンジなどの条件によっても変動するため、ここで挙げる数値はおおよその平均値となります。また、ここでの値引き額は車両本体価格からの値引き額になります。

【車種別】値引き額の相場一覧

トヨタの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
アクア 170万~250万円 24万円
プリウス 250万~340万円 17万円
アルファード 330万~730万円 30万円
ハイエースワゴン 280万~390万円 27万円
ヴォクシー 250万~320万円 27万円
ポルテ 180万~210万円 24万円
パッソ 117万~180万円 16万円
ヴィッツ 118万~230万円 17万円

シーズンによっても変動があるので時機を狙うことで車両本体の値引き額もまだ安くなる可能性があります。また、自動車保険に加入するといった契約も値引き交渉に使えます。

ニッサンの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
セレナ 240万~380万円 32万円
フーガ 410万~600万円 35万円
エルグランド 330万~590万円 40万円
ノート 142万~260万円 23万円
マーチ 110万~180万円 23万円
エクストレイル 220万~380万円 28万円
ジューク 190万~340万円 27万円
NV350キャラバンワゴン 250万~340万円 28万円

車両本体価格に応じて値引き額も決められますが、ここからさらにオプション値引きなどでも安くすることができます。また、自動車保険に加入するといった契約も値引き交渉に使えます。

ホンダの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
インサイト 320万~360万円 10万円
オデッセイ 290万~360万円 32万円
ステップワゴン 220万~390万円 33万円
シビック 250万~450万円 16万円
フィット 140万~200万円 15万円
シャトル 170万~270万円 13万円
ヴェゼル 200万~290万円 18万円
N-BOX 130万~200万円 15万円

車両本体の値引きがそれほど期待できない場合、オプション値引きのほうに力を入れて交渉してみましょう。また、自動車保険に加入するといった契約も値引き交渉に使えます。

マツダの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
デミオ 130万~220万円 10万円
ロードスター 250万~320万円 18万円
CX-3 210万~300万円 18万円
CX-5 250万~350万円 23万円
CX-8 280万~440万円 20万円
キャロル 84万~120万円 10万円
フレア 110万~150万円 13万円
スクラムワゴン 140万~170万円 18万円

コンパクトカーや軽自動車など比較的車両本体価格の安い車の場合、オプション値引きに力を入れるのがいいでしょう。また、自動車保険の加入なども値引き交渉として使うこともできます。

スズキの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
スイフト 150万~190万円 18万円
エスクード 260万万円 20万円
ジムニー 140万~180万円 7万円
ランディ 250万~320万円 30万円
クロスビー 170万~210万円 17万円
スペーシア 120万~150万円 16万円
ハスラー 110万~170万円 13万円
sx4 sクロス 200万~220万円 15万円

軽自動車など車両本体価格の安い車の場合、値引き額もそれほど多くはありませんのでオプション値引きに力を入れるのがいいでしょう。また、自動車保険の加入なども値引き交渉として使うこともできます。

スバルの値引き相場

車種 車両本体の平均価格 参考値引き額
インプレッサスポーツ 190万~260万円 17万円
インプレッサG4 190万~260万円 16万円
プレオプラス 89万~135万円 10万円
WRX s4 330万~400万円 25万円
ジャスティ 150万~210万円 17万円
レヴォーグ 280万~400万円 25万円
ステラ 110万~170万円 13万円
フォレスター 280万~300万円 15万円

コンパクトカーや軽自動車など比較的車両本体価格の安い車の場合、オプション値引きに力を入れるのがいいでしょう。また、自動車保険の加入なども値引き交渉として使うこともできます。

値引き交渉を有利するために愛車を高く売る

車の絵を指差すサラリーマン

希望の車を購入するために、少しでも多く資金を作っておく必要があります。そのためにも、今の愛車を高く売ることが重要になってきます。

それによって資金が増えれば、値引き交渉の目標金額も低めに設定できるため、商談もスムーズに進めることができるでしょう。

では、どのような方法をとれば、高値で車を売却できるかですが、「車一括査定」を使うことをおすすめします。

愛車を買取相場以上に高く売るなら「車一括査定」を利用

車を高く売る方法
方法 手続き トラブル 高価買取
ディーラー下取り ×
個人売買 × ×
ネットオークション × ×
中古車買取店(持ち込み)
車一括査定

車の売り方は様々ですが、最も高く売れるうえ、手続きスムーズ、トラブルなしと総合的に最適なのが「車一括査定」というサービスを利用することです。

車一括査定は、ネットを使った簡単な入力手続きを済ますだけで、複数の買取業者に査定依頼を行えるサービスです。

複数の買取業者が査定をすることで、競争原理が働いて、自然と査定額が吊り上がっていく仕組みになっています。

そのため、自力で買取店を回る手間もいらず、悪徳業者に二束三文の査定をされる心配もありません。想像以上の高値がつくことも珍しくないですので、車の資金づくりのためにもぜひ一括査定を試してください。

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2019最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ユーカーパック
    ユーカーパック
    1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
    2. 高価買取に期待できる
    3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

    オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績が急増している。

    本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。でも、ユーカーパックなら売主の代わりに、ユーカーパック専属の担当者が交渉を全て代行。

    交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定です。

    ユーカーパック
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】かんたん車査定ガイド
    かんたん車査定ガイド
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    かんたん車査定ガイド
    無料一括査定はこちら

まとめ

交渉している最中

今回は、値引き交渉の方法、値引き交渉のために知っておくべきこと、各メーカーの車種別による値引き相場をご紹介しました。

車を安く買うためにはまずお持ちの車を高く売ることから始めましょう。そしていざ値引き交渉の際には、値引き相場に基づいて、本文で解説した交渉方法を使いながら商談を有利に運ぶようにしましょう。

ページの上に戻る