自動車売却

車査定の走行距離は10万キロが買取額に影響【減点&加点の基準公開】

車のメーター

車査定では必ずその車の走行距離をチェックします。それは走行距離がその車の劣化・消耗を判断する一つの目安でもあるからです。特に10万キロを超えた過走行車だと買取額に大きく影響すると言われています。

ここでは実際に車査定に影響を及ぼす走行距離について、どれくらいの走行距離だと減額になるのか、また走行距離以外に車査定に影響するポイントを紹介しています。

特に走行距離が多めという方は車査定に出す前にチェックしてみてください。

車査定で”走行距離”は買取額に影響あり!ベースは『1年1万km』

交渉している最中

車査定では車のさまざまな情報を基にして買取額が決定しますが、大きな影響を与えるのが走行距離です。

ワンポイントアドバイス
車は走れば走っただけ劣化・消耗してしまうもので、中古車を購入する人にとっては、できるだけ長く故障なく乗り続けられるかがポイントになります。

そのため走行距離が多い車は故障リスクが多いと判断され、敬遠されてしまうのです。そのため中古車販売店でも価格を下げなければ売れなくなるため、走行距離が多い車はどうしても査定額が低くなってしまいます。

多くの査定業者は日本自動車査定協会の査定基準を参考にしており、そこでは1年1万kmがベースとなっています。

年間1万kmをはるかに超える走行距離だと車査定額は減額されてしまう可能性が高いです。
年間1万kmをはるかに超える走行距離だったら安く買取ってやるぞ。

【走行距離別】車査定への影響をシミュレーション

プリウス(2015年式・グレードA)
走行距離 平均買取価格
1万km 145万円
3万km 126万円
5万km 116万円
7万km 110万円
10万km 104万円
20万km 92万円

“走行距離10万キロ”を超える過走行車の下取りへの影響

走行距離の価格加減率の表
(画像出典:JAAI「中古自動車査定基準及び細則」)

かつての車は走行距離が10万キロを超えると、いろいろなところに不具合が生じ始めていました。そのため昔から車は10万キロが限界などと言われていたのです。

その名残は今でもあるため、中古車市場では10万キロを超えた車は過走行車として査定額が大幅にダウンします。

今の車は10万キロを超えても故障なく走れる車が多いですが、それでも買い手が付きにくい現状です。そのためディーラーや中古車販売店では10万キロを超えた車の下取りは好まれません。

それでも新車や中古車を購入してくれるからと、若干の下取り額をアップしてくれるのです。年式や車の状態によってはリユースも難しく廃車にする場合もあり、廃車手数料を支払って引き取ってもらうことにもなりかねません。

“走行距離20万キロ”を超えると下取りは難しい…が輸出なら査定可

山積みにされた廃車

最近の日本車は性能もよく、メンテナンス次第では過走行車でも故障なく走行できる車が多くなっています。ただ、それでも20万キロを超えた車になれば話は別です。中古車市場でも20万キロを超えた車はほとんどみかけません。

それだけ20万キロを超えた車は買い手が付きにくいというわけです。ディーラーは新車を売ることで利益を得ており、20万キロを超えた中古車を売る術がなく、仮に下取りしても以下のような状態になります。

  1. 買い手がつきにくい
  2. 売れなければ維持費がかかる
  3. 価格を下げれば利益がほとんどなくなる
  4. 最終的に廃車費用がかかる

ただ、日本の車は外国の車に比べると非常に性能が良く、海外では人気があり20万キロどころか30万キロ、50万キロまで乗る人が多いです。そのため海外への販売ルートがある業者なら査定可能です。

車買取・査定で走行距離は減点もあるが”加点”もある

説明をする男性

車買取・査定では走行距離がベースとなる1年1万キロを超えると減点になってしまう可能性が高いですが、逆に走行距離が少ない場合は加点になることもあります。

あくまで目安ですが、初度登録年からの期間と加点になる年間走行距離は以下の通りです。

1年 5,000km以内
2年 7,500km以内
3年 8,000km以内
4年 7,500km以内
5年 7,000km以内
6年 5,800km以内
7年 5,700km以内
8年 5,600km以内
9年以降 5,000km以内

ただし、走行距離が少なければ必ずしも加点になるとも限りません。逆に少なすぎると故障してしまうケースもあります。

ここは注意だ

何ヶ月間か車に乗らない期間があったりすると、バッテリーが上がってエンジンがかからないのはもちろん、サビが発生して故障してしまうこともあります。

車査定後に走行距離が増えても買取可(店舗で異なる)

説明をする買取業者

車査定後すぐに車を売却すればいいのですが、新しい車の納車が遅かったりすると売却が数週間~数ヶ月空いてしまうこともあるでしょう。その期間に走行距離が増えてしまうことも考えられます。

この場合の対応は買取業者によって異なりますが、数十キロや数百キロ程度であればほとんど影響しないでしょう。

ただ、走行距離はそれほど変わらなくても車の価値は日々下がっていくものですから、数ヶ月空くことで価値が下がってしまうことは十分考えられます。

走行距離以外で中古車の買取価格を決める『4つの査定基準』

ノートのチェック

車査定には走行距離が大きな査定基準になりますが、実際の査定額は走行距離以外にも以下の4つの査定基準がポイントになります。逆に走行距離が少なくても、他の基準が基準以下なら大幅ダウンも考えられます。

走行距離以外で中古車の買取価格を決める『4つの査定基準』

【車種・需用】人気があると高価買取が可能

駐車場に停められた黒い車

車は車種によって人気が異なりますし、買取業者によって需要のある車とそうでない車があります。人気・需要のある車は買い手が付きやすく、多少価格を高く設定しても売れる可能性が高いです。

またすぐに買い手がつくことにより、買取業者は維持費がかからないためリスクも少なくなります。そのため、多少高く買取しても十分利益が見込めるので、高価買取が可能です。

逆に人気・需要がない車は、損を出してしまうリスクも考えるので、どうしても買取額を高くできません。
ディーラーであればほぼ関係なく買取をしてやるぞ。

【事故歴・修復歴】車買取の売値に大幅に影響を及ぼす

キズがついた黒の車

事故歴と修復歴は同じように捉える方が多いですが、車買取では意味合いが違ってきます。事故歴ありでも、必ずしも修復歴ありというわけではないのです。

まずは事故歴と事故車が同じではないことを知っておきましょう。

事故歴あり 自動車事故を起こした車で、ちょっとした凹みからフレームまで損傷した状態まで広範囲を指す
事故車 フレームまで損傷した車で修理しても事故車扱いになる
修復歴あり 車検が通るように修理された事故車の事を指す

事故車にならない程度の事故で修理された車であれば、査定額が大幅に減額されることは少ないですが、事故車・修復歴ありとなれば話は別です。事故車・修復歴ありの車は買い手が付きにくく、大幅に買取額もダウンしてしまいます。

【年式】新しいほど買取価格が高くなる

価格について説明するサラリーマン

年式はその車がいつ製造されたものなのかを表すもので、車の年齢といったところでしょう。年式が新しくなればなるほど、車の状態も良いことが多いですし、最近では燃費や走行性能・安全性能も良くなっていきます。

そのため、単純に年式は新しければ新しいほど買取価格が高くなります。また年式によってはモデルチェンジの前と後になってしまうこともあるでしょう。そうなるとたとえたった1年年式が違うだけで買取価格に大幅な差が出ることもあります。

ただ、年式はあくまで査定基準の一つであって、新しいからといって必ずしも車の状態が良いとは限りません。

もちろんモデルによっても人気・不人気がありますが、走行距離や事故歴、外装・内装に比べればそれほど重視されるポイントでもないようです。

【外装・内装】車両の状態がわかる

駐車場に停められた黒い車

車査定で意外と重視されるのが車の外装・内装です。車買取業者によっては、車査定を受ける場合にはそのままの状態で構いません、というところもあります。ただ外装・内装が汚いままだと、査定員に与える印象が大きく変わってきてしまいます。

仮に傷や凹みもなく、内装もシートのシミや破れなどがない状態だとしても汚いままだと、車を大切に扱っていないという印象を持たれかねないのです。

査定員も人間ですから、第一印象が悪いとそれが査定に響かないとも言い切れないのです。

外装も少し汚れていたほうが細かな傷はバレないかも、と思う人もいるでしょう。大きな凹みや傷なら多少汚れていても分かりますし、逆に隠れてしまうような細かい傷はそもそも減額にならないこともあります。

キズやへこみは車査定に影響ある?修理は絶対おすすめしない2つの理由

洗車傷や小さなへこみ(凹み)程度なら査定額に影響はない 一口に車につい……続きを読む
車にキズがついて驚く男性

走行距離が長い車を少しでも高く売るなら”車一括査定”がおすすめ

重要と書かれた紙を指差す

走行距離が長い車は査定額が減額される可能性があります。ただそれは買取業者によって判断は異なるでしょう。多少走行距離が多くても需要が多い車なら買い手が付きやすいので高く買取してくれる可能性があります。

逆に本当に走行距離により大幅ダウンしてくる買取業者もあります。そのため少しでも高く売りたいのなら、複数の買取業者に査定を依頼して比較してみるのが一番です。

その際には車一括査定を利用するのも一つの方法です。車一括査定を利用すれば、その時点で買取業者は他社に負けないように査定額を提示してきます。

競合することで、走行距離が長いことは大きな減額としない業者もあります。それどころか思った以上の高額買取になることもあるかもしれません。

【2019年最新】車一括査定おすすめランキング

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2019最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ユーカーパック
    ユーカーパック
    1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
    2. 高価買取に期待できる
    3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

    オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績が急増している。

    本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。でも、ユーカーパックなら売主の代わりに、ユーカーパック専属の担当者が交渉を全て代行。

    交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定です。

    ユーカーパック
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】かんたん車査定ガイド
    かんたん車査定ガイド
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    かんたん車査定ガイド
    無料一括査定はこちら

まとめ

車のメーター

車査定に大きく影響を与える車の走行距離ですが、おおよその目安としては1年で1万キロを超えると査定額の減額になる傾向にあります。特に10万キロ、20万キロ万キロを超える過走行車だと尚更です。

ただしあくまでこれは基準であって、車買取業者によっても査定額は異なります。ですので、走行距離が多い車を売る場合にはできるだけ多くの業者から査定してもらうといいでしょう。

そのためにも車一括査定を利用して、買取業者を競合させるのもいいでしょう。

ページの上に戻る