自動車売却

キズやへこみは車査定に影響ある?修理は絶対おすすめしない2つの理由

車にキズがついて驚く男性

車の買取で少しでも高く売りたいのなら、キズやへこみにも注意しておく必要があります。買取で重要な査定にも影響があるからです。しかし車というのは、どれだけ大事に乗っていたとしても公道を走るだけでキズがついてしまうものです。

そのため多少のキズやへこみというのは、ある意味では仕方のないものなのです。高く売りたいからと神経質になってしまっても、実は意味がありません。ここでは車の買取査定で、キズやへこみがどんな影響を持っているのか確認していきましょう。

洗車傷や小さなへこみ(凹み)程度なら査定額に影響はない

洗車中の車内

一口に車についたキズやへこみといっても、その大きさは様々なものがあります。洗車の時についてしまうような、かすかなキズからぶつけてしまって大きくボディがへこんだものまであるからです。そこでまず注目したいのは、どの程度なら査定に影響はないのかでしょう。

基本的に洗車の時についたキズや、小さなへこみ程度であれば査定額に問題はありません。

問題がないのは具体的に1cmから2cm程度のものです。このくらいのキズやへこみは経年による劣化と見なされるため、査定に影響はないのです。

【注意】買取業者に修復歴はきちんと申告する

車を査定する人

もし自分の車に修復歴があるのなら、きちんと査定の時に車買取業者へ申告をしておきましょう。一般的に修復歴がある場合は、車検証に内容が記載されています。

しかし買取業者にはきちんと申告しましょう。なぜなら中古車の売買では瑕疵担保責任がありますので、買取の場合は売り手側が伝えないといけないからです。

査定額が減額するキズとへこみ(凹み)の基準

車の査定ではキズやへこみといった部分も項目の1つです。ではいったいどんなキズやへこみであれば、査定に影響をしてくるのでしょうか。具体的にキズの大きさなどをあげながら、査定の基準について紹介をしていきましょう。

査定額が減額するキズとへこみ(凹み)の基準

キズの減点基準

チェックするサラリーマン

車の買取査定では車の車種、年式、走行距離を確認します。その次にキズやへこみなどを見ていくことになります。

ワンポイントアドバイス
査定のポイントなのが、キズはその大きさに合わせて10点単位で加点と減点が行われているということです。

1点が約1000円として扱われるので、1つの箇所につき1万円が査定で加減されるという形になります。方法としてはシンプルで、ボディ全体を見ながら、キズやへこみの数と大きさを確認します。ここでいったん集計が行われる形です。

ただ先ほどお伝えしたように経年による劣化と見なされるキズもあるため、年式の年数やどんな環境で使われてきた車などかを考慮して、ある程度は考慮してくれるのです。そして算出した点数に、1点約1000円として査定額のプラスとマイナスを行います。

へこみ(凹み)の減点基準

キズがついた黒の車

へこみについても査定の時には、キズと同じように扱われます。最初にボディ全体を見て、キズとへこみの数をかぞえます。その後に経年劣化などのものを除いて、ポイントが算出される仕組みです。1ポイントは同じく約1000円として扱われます。

へこみですが1cmから2cm程度のものは問題ありません。2cm以上でカードサイズまでなら10点加算です。カードサイズからA4サイズ未満であるのなら15点から30点になります。

A4以上でパネル面積の半分未満なら20点から80点で、パネル面積の半分以上になると65点から150点です。ちなみに減点のポイントがない場合は、20点から40点の加点がつくのでプラス査定になります。

基本的にサイズが大きくなると、修理の値段も上がってしまうため、査定時の減点ポイントも高くなっているのです。

修理後に車を買取ってもらうのはおすすめしない『2つの理由』

価格について説明するサラリーマン

車を買取してもらうのなら、少しでも高い方がいいと考える人も多いです。そこで問題なのがキズやへこみがある場合に、修理をしてから買取に出すのかという問題でしょう。実はこの修理をするのはおすすめできません。その理由を紹介していきます。

修理後に車を買取ってもらうのはおすすめしない『2つの理由』

【理由1】自分で修理するのはリスクがある

そもそもキズやへこみを修理してから、車買取の査定を受けるのがおすすめできないのは、修理費用の方が高くつくからです。では自分で修理をすれば、費用もかからないので安くつくのではと考える人もいるでしょう。

しかし自分で修理をするのは、かなり高いリスクがあります。素人でできるのはキズやへこみを目立ちにくくするくらいです。本格的に修理をするとなると、専門的な知識や経験、技術に工具などを揃える必要があります。

ここは注意だ

仕事が板金塗装をしているなどの人であれば別ですが、基本的には素人修理では余計にキズやへこみを目立ちやすくしてしまいます。そうなると査定でもマイナスが大きくなるため、リスクがかなり高いのです。

【理由2】修理代のほうが費用が高くなる

虫眼鏡で車のおもちゃとお金と電卓を見る

先にもお伝えしたように、キズやへこみの修理後に車買取の査定に出すのはおすすめできません。その理由はシンプルに修理代の方が高くつくからです。前述のポイントを見るとわかりますが、1つのキズやへこみにつき1万円から15万円の減点となります。

しかし実際に修理に出すとなると、必ずこの査定のマイナスポイント以上の修理代がかかるのです。なぜ修理代の方が高くつくのかと言うと、そこには修理工場の利益が上乗せされるからです。対して買取業者は自社で工場を持っています。

そのため必要最低限の修理費用のみですむため、実際の査定額は少し本来かかる金額よりも抑えられているのです。

いくら腕の良い職人さんが修理をしてくれたとしても、査定をする方もプロであるため修理された場所は見抜いてしまいます。
ちなみに修理をしてディーラー下取りに出しても意味はないぞ。新車の割引としか見ていないからな。

キズやへこみの修理をするだけ、車買取査定では損をしてしまう形になるのです。ただここで1つポイントになるのが、車の査定はボディのキズやへこみだけではないことでしょう。他にも査定のポイントはありますので、減点分を取り返すこともできるのです。

高価買取を狙うためにすべき『3つのコツ』

上昇するグラフを指差す男性

ではキズやへこみがあっても、高価買取を狙うのならどんなポイントに注意をすればいいのでしょうか。買取査定には様々なポイントがあるため、他の部分をしっかりとアピールできれば、プラスの査定につながっていきます。

高価買取を狙うためにすべき『3つのコツ』

【コツ1】内装や外装を綺麗にする

車を洗車

最初にしておきたいのが内装や外装をきれいにすることです。ボディのへこみやキズの有無が査定のポイントになりますが、きれいに掃除しておいて損はありません。特に外装については掃除をしてもプラス査定にはなりませんが、査定する人に対してアピールができます。

内装については掃除が必須です。特にファミリーユースや女性に人気の車については、細かい部分まで掃除をしておきましょう。気をつけておきたいのが車内やエアコンの臭いです。禁煙車であるだけで、場合によっては10万円単位でのプラスとなります。

逆を言えば車内にタバコなどの臭いが残っていると、それだけ減額される形になるのです。タバコ以外にもペットや、車内の芳香剤の臭いなどもNGになります。芳香剤はいい匂いではと思うかもしれませんが、個人の好みになるので無臭であることがいちばんです。

【コツ2】オプションを純正品に戻す

車のハンドル

車のカスタムが好きな人におすすめなのが、オプションでつけていた社外品のパーツがあれば、純正品に戻すという点です。社外品のパーツの方が性能や見た目がいいのにと思うかもしれませんが、実は中古車市場では社外品が好まれません。

車が好きな人ばかりではないため、純正品であれば評価を受けるのです。そのため社外品のオプションパーツをつけているのなら、純正品に戻すのをおすすめします。取り外したパーツは専門店などで引きとってもらうといいでしょう。

【コツ3】複数の車買取業者に査定してもらう

アポイントをとるサラリーマン

車の買取査定で最も重要なポイントになるのが、複数の業者から見積もりをしてもらうという点です。なぜ1つの業者ではダメなのかと言うと、相場がわからないため損をしているのか、得をしているのかの判断がつかないからです。

基本的に中古車の相場はあってないようなものですので、査定を受けてみなければ分かりません。そのため見積もりを取ることから始めるのですが、複数の業者を比較検討すれば、どこが高く買取をしてくれるのか一目瞭然となります。

車買取業者ごとに買取額は異なるため、最初から高額査定をつけている業者を選ぶのが大切です。業者ごとの判断があるため、きちんと車を評価してくれるところを探しましょう。

複数の買取業者に査定してもらうなら”車一括査定がおすすめ”

ポイントと書かれた黒板

キズやへこみのある車を修理なしで高額の買取査定をしてもらうのなら、複数の買取業者から査定を受けるのがいちばんです。しかし実際に自分で手続きをするとなると大変です。労力もかかりますが、何よりも時間がかかってしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのが車一括査定というサービスです。車一括査定を利用すれば、複数の業者に対して1度の入力で見積もりの依頼ができます。インターネット上のサービスですので24時間365日利用できますし、料金がかからないのも魅力です。

車一括査定サービスはたくさんあります。次項は数ある一括査定サービスの中でどれがおすすめなのかランキング形式解説していきましょう。

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2020最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ナビクル 楽天カーサービス
運営会社 リクルート エイチーム 楽天
提携業者数 1,000社 55社 100社
同時査定依頼数 30社 10社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ナビクル
    ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】楽天カーサービス
    楽天カーサービス
    1. 参加企業数は100社以上
    2. 同時依頼最大10社
    3. 楽天ポイントが貰える特典

    楽天カーサービスは車一括査定サービスの中で唯一「ポイントが貰える特典」があります。

    獲得できるポイントは「申し込みで楽天5ポイント」「売却したら楽天1,500ポイント」です。

    同じ買取業者に依頼するなら、少しでもお得に依頼できるのが楽天カーサービスの魅了です。加えて、申し込み後に買取相場が分かるので買取価格の目安にできます。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら

まとめ

車にキズがついて驚く男性

キズやへこみのある車を買取査定してもらうのに、修理をしてから出すべきかどうかでした。修理をしても費用の方が大きくかかるため、仮にキズやへこみがあってもそのまま査定をしてもらいましょう。

マイナスが気になる人もいるかもしれませんが、他の部分でカバーしてください。査定では様々な項目を見ます。そのため外装をきれいにして査定員の印象を良くしておくのも大切です。

内装は特に臭いに注意をして、きれいに掃除をしておきましょう。これだけで査定額が随分とプラスになるケースもあるからです。このようにカバーできるポイントがあるので、マイナス査定にこだわらないでください。

ページの上に戻る