自動車売却

知らないの?車査定前に洗車する意味ナシ!買取は外装より内装が重要

車を拭いている最中

車査定を受ける際に、洗車をすべきかどうか悩む人もいるのではないでしょうか。いざ車を売ろうとした時に、少しでも車を高く売りたいと思うと洗車しか考えられないと思うでしょう。

ですが、実際はそれ以外にも買取額をアップさせる方法があります。ここでは、車査定の前の洗車がどれだけ査定額に影響するのか、洗車のメリット・デメリットを紹介しています。

またそれとともに、内装の掃除の重要性や掃除のポイント、そしてそれ以外に査定額アップにつながるポイントを紹介しています。

車を手放すときに洗車しても査定額は上がらない

ショックを受ける男性

車を買取査定してもらう場合には、綺麗に洗車をする人もいるでしょう。ただ車を洗車してから査定を受けたからといって、車の状態そのものは変わりません。

そのため、大幅に査定額がアップすることはないと断言してもいいでしょう。

ワンポイントアドバイス
そもそも買取した車を中古車としてリユースする場合には、業者が洗車・清掃をしてより綺麗な状態で展示・販売します。そのため洗車しても結局は同じです。

そして査定を受ける際には洗車をしなくていい、という業者も少なくないのです。

それは、慣れない洗車をすることで逆にボディを傷つけてしまう可能性があるからです。ただそれでも洗車は無意味というわけではありません。

まずは査定を受ける前に洗車をすることでのメリット、デメリットを知っておきましょう。

洗車をすることでのメリット・デメリット一覧

【デメリット】買取前に洗車すると傷や凹みが目立ってしまう

車にキズがついて驚く男性

買取査定前に洗車をすることでのデメリットといわれるのが、洗車をすることで逆に傷や凹みが目立ってしまうという点です。

確かに、車が汚れた状態では傷や凹みはわかりにくく、綺麗に洗車すればだれが見てもすぐにわかるようになります。

そのため、傷が多い車はあえてピカピカにしないのもポイントかもしれません。

ただし、凹みがあれば多少の汚れでは査定員は気が付きますし、傷に関しても少々の汚れで隠れる程度ならそもそも減点にならないことも。

【メリット】中古車でも洗車しておくと査定員の心証がよくなる

査定中の買取業者

車がピカピカであろうと、泥だらけであろうと査定員はプロですからそんなことには騙されずにしっかりと査定します。それが洗車をしても意味がないといわれる理由です。

とはいっても、査定員も人間ですから綺麗な車と汚い車では心証が異なります。綺麗な車なら、車を大切にする人でしっかりメンテナンスもしているのだろう、と思うでしょう。

逆に泥だらけなら、普段から車を大事に乗らない人、もしくは傷を隠そうとしているのか、と思うのでそれがその他の部分の査定にも響くかもしれないのです。

車買取の査定額を決定する重要な『3つのポイント』

ノートのチェック

車買取では洗車は査定額に大きな影響は与えません。車査定ではそれ以外のポイントがとても重要で、特に査定額に大きな影響を与えるのが、以下の3つのポイントです。

車買取の査定額を決定する重要な『3つのポイント』

1.車種・年式・走行距離

車のハンドル

車査定の方法には電話やネットで査定をする方法もあります。この場合、実車を見ずに査定しますが、この時に必要な情報が車種や年式、走行距離です。

これだけの情報でも、車の価値が実際にどれくらいなのかがわかるのです。簡単に言えば、人気車種で年式が新しく、走行距離も多くない車の買取額は高くなります。

ただし、車は乗り方によっても車の状態が異なりますから、ここでの査定だけで買取額が決まることはありません。

あくまで自分の車のおおよその価値を知るポイントというわけです。

2.車の事故歴・修復歴

キズがついた黒の車

人によっては車の乗っている時に事故を起こしてしまったというケースもあるでしょう。ここでいう事故歴・修復歴というのは、単純に車をぶつけた、修理した経歴ではありません。

基本的にちょっとぶつけたり擦ったりしていても綺麗に修理されていれば査定には響かないことが多いです。事故歴・修復歴とは、車の骨格にかかわる部分を交換したり修理していた場合となります。

その場合、事故車・修復車扱いとなるため、いくら綺麗に修理されていたとしても、買取額の大幅減額は避けられないでしょう。

3.内外装・エンジンのチェック

車を査定する人

車はその人の乗り方によって状態は違うものです。事故歴・修復歴がなくても、ちょっとした傷や凹みがある車もあれば、エンジンなどの内部の状態も違います。

当然傷や凹みがあれば、買い手が付きにくいですからマイナス査定になるでしょう。エンジンなどの部位に不具合があれば、中古車として購入した方が安全に走行できないこともあります。

実車査定では、事故歴・修復歴はもちろんですが、こういった内外装のチェックやエンジンの状態などをしっかりチェックします。

これはやるべき!車査定前にしたい”おすすめの洗車方法”

チェックするサラリーマン

車査定前に洗車をしても査定額に影響しないといいますが、それでも査定員の心証は良くなるので、やらないよりはやったほうがいいでしょう。ただし、洗車をする際には注意しておくべきポイントがあります。

  • あまり手間をかけない
  • 慣れない洗車はしない
  • 費用をかけてまでしなくていい

普段からワックスをかけて丁寧に洗車している方はいいですが、査定だからと頑張って洗車する必要はないでしょう。

業者に頼んで高価なボディーコーティングなど洗車するほど査定額のアップは見込めないのですから。以下の流れで洗車するのがおすすめです。

  1. たっぷりの水でボディのほこりや泥を落とす
  2. しっかりと泡立てたカーシャンプーで洗う
  3. シャンプー剤が乾く前にたっぷりの水で流す
  4. ボディの水滴を素早く拭き取る

外装よりも内装の掃除に手間と時間をかける

3列シートの車内

査定前には、つい外装の洗車を重視しがちですが、それよりも重要なのが内装です。

外装はかんたんな洗車でOKですが、内装はゴミや砂、汚れが付きやすく査定員の心証が悪くなることが多いので手間と時間をかけて掃除しましょう。

内装の掃除をするポイントとしては以下の3つがあります。

  1. 掃除機で砂やごみを取り除く
  2. 窓の汚れや手あかを拭き取る
  3. 消臭もしっかりする
ここは注意だ

特に子供がいる家庭ではおやつの食べこぼしなどもあります。またチャイルドシートも外して隅々まで掃除しましょう。

《注意》車査定前にワックス掛けや傷&凹みは修理しない

ストップをするサラリーマン

外装がピカピカだと査定員の心証がいいですし、コーティングすれば細かな傷も目立たなくなります。また傷や凹みがない車も高価買取になることでしょう。

ですが、だからといって車査定のためになれないワックスがけやコーディング、そして傷や凹みの修理はしない方がいいでしょう。

もちろんピカピカで傷も凹みもなければ査定額が減額されることもないでしょう。ですが、減額される金額以上に、ワックスやコーティング費用や修理費用がかかってしまうので、トータルでは損をすることが多いです。

キズやへこみは車査定に影響ある?修理は絶対おすすめしない2つの理由

洗車傷や小さなへこみ(凹み)程度なら査定額に影響はない 一口に車につい……続きを読む
車にキズがついて驚く男性

洗車以外で中古車の査定額を上げる”3つの方法”

びっくりマークを指差す男性

洗車以外で中古車の査定額をアップする方法はいくつかあります。少しでも高く買取してもらいたい方は、特に以下の3つのポイントを確認してみるといいでしょう。

洗車以外で中古車の査定額を上げる”3つの方法”

1.社外品のパーツを純正に戻す

運転中の車内

車を自分なりにカスタマイズする人も少なくありません。車検が通るのであれば、どんなカスタマイズをしても構いませんので、大金をかけて社外パーツを取り付ける人もいます。

ですが、社外パーツを取り付けたままだと、査定額がマイナスになることもあります。

もちろんカスタマイズの状況にもよりますが、基本的に純正の状態が一番評価が高いので、戻せるのであれば純正に戻しておくことも高価買取のポイントです。

ただし、純正に戻すのに費用がかかるようなら、そのままで純正パーツがあることを伝えるだけでもいいでしょう。

2.車の査定前にステッカーやシートカバーを外す

オープンカーの運転席

自分の車には子供が乗っています、とか、ドライブレコーダー撮影中などといったステッカーや、趣味のステッカーを貼っている方もいるでしょう。これらのステッカーが貼っているとマイナス査定になることがあります。

もちろん、大幅減額とはなりませんが、はがしておいた方がいいでしょう。また、シートカバーも外しておくことが大切。外してみると意外と汚れていたりしますし、事前に綺麗にしておくといいでしょう。

またシートカバーで汚れやシミを隠そうと思っても、査定時は外されるので意味がありません。

3.複数の買取店を競合させて比較する”車一括査定”を利用する

重要と書かれた紙を指差す

車の状態は同じでも、その車の買取額は業者によって異なります。買取業者は利益が大きくなるのですから、できるだけ安く買取しようと思っています。

かといって、買取しないことに一銭の利益にもならないだけでなく、査定にかかる経費など損をしてしまうことも。

どうしても買取したい車が他社と競合になれば買取するためにどんどん買取額が高くしてきます。特に人気車種などのようにすぐに売れるような車ならなおさらです。とはいっても、複数の業者に査定を取るのは時間も手間もかかります。

そんな時には車一括査定を利用するのが一つの方法です。車一括査定なら一度に複数の業者から査定が取れますし、その時点で業者も競合していることがわかるので足元を見ることなく高い査定額を提示するでしょう。

【2019年最新】安心して利用できる車一括査定おすすめランキング

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2020最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ユーカーパック
    ユーカーパック
    1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
    2. 高価買取に期待できる
    3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

    オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績が急増している。

    本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。でも、ユーカーパックなら売主の代わりに、ユーカーパック専属の担当者が交渉を全て代行。

    交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定です。

    ユーカーパック
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】かんたん車査定ガイド
    かんたん車査定ガイド
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    かんたん車査定ガイド
    無料一括査定はこちら

まとめ

車を拭いている最中

このように、車査定において洗車はそれほど大きなウエートを占めるわけではありません。それ以上に年式や走行距離、事故歴、内外装やエンジンの状態の方が査定に大きく響きます。

ただ、これらのポイントはいざ車を売るとなった時にはどうしようもありません。洗車は査定額アップにはならないかもしれませんが、やったほうがいいのは確かです。

ただし、慣れない洗車をしたり、高額な費用をかけてコーティングやワックスをすることはありません。そこに力を入れるよりは、業者選びを重視したほうがいいでしょう。

ページの上に戻る