自動車売却

ローン残債ありの車売却は可能!ローン車を高く売る方法【全手順】

ローンの契約

車を購入する際、ローンを組む人は少なくないはずです。たいていの人はローンを完済してから次の車の購入を考えるでしょうが、中にはローンが残っているのに乗り換えしたいという人、売却せざるを得ない人もいます。

ローンが残っている状態では基本的に売却できませんが、方法はあります。

ここではローン残債のある車を売却するための方法や問題点などをまとめています。これからローン残債のある車を売ろうと考えている方は参考にしてみてください。

車のローンが残ってるけど売れる?売却可能だが名義を無視すると犯罪

ストップをするサラリーマン

車のローンが残ったままでも、売却すればローンが完済できる、もしくは売った後でもローンを払っていけばいいんでしょ、と思って車の売却を考える人もいるでしょう。

ですが、車のローンが残っている場合、勝手に売ることができないケースが多いのです。車のローンが残っているケースでは、車の名義人はローン会社になっていることが多いです。

つまり、自分がその車をローンで買って乗っている状況でも、書類上は車の所有者はローン会社で、使用者が自分という形になります。

つまりローンが残った状態で車を売却すれば、他人の車を勝手に売る行為になってしまうため、横領罪という犯罪になります。

売れないのかと思うかもしれませんが、安心してください。ローンの残債があっても手順さえ踏めば売却することは可能です。
ディーラー下取りなら簡単に売却できるぞ。その分安く買取はするがな。

ローン残債車を廃車にするなら『所有権解除』が必須

説明をする買取業者

ローンが残っている車は勝手に売ることができないだけでなく廃車にすることもできないのです。ローン残債車を廃車にするにも買取業者に売るにも所有権解除が必要になってきます。

所有権解除とは、ローン会社名義の車を自分の名義にする方法です。廃車にする場合は所有権解除はちょっと難しくなります。基本的な所有権解除の方法はローンの残債を完済することです。

車を売却する場合には売却したお金が入りそのお金で完済もできますが、廃車だとそうはいかないからです。もし、ローンの残債を完済できない場合、ローン会社に相談してみましょう。

ワンポイントアドバイス
ローン会社によっては残債をしっかり支払うことを条件に所有権解除を認めてくれる時もあります。ただし必ず認められるわけではありません。

車のローンが残ったまま売却する&買い替え方法は”名義”で異なる

ノートのチェック

車のローンが残ったまま売却する場合、その車の名義によって買い替え方法は変わってきます。ケースとしては以下の2つケースが考えられます。

車の名義による買い替え方法一覧

【パターン1】本人または家族が名義の車を売る

ビジネスマンのトーク

ローンの残債があるからといって、必ずしも名義が自分もしくは家族以外になっているとは限りません。ローンを組んだ金融機関によっては、車の名義が自分または家族になっているケースもあります。

この場合、その車は自分または家族の持ち物ですから、売却するのも廃車にするのも特別な手続きをする必要はありません。ただ、家族名義の車を売る際は、主に以下のような方法になります。

  • 名義人である家族が直接買取店やディーラーと売買交渉・契約をする
  • 名義人である家族の委任状と印鑑証明を持っていく

本人名義であれば特別な書類は不要ですが、名義人が家族の場合はその家族の同意が必要というわけです。そのため家族であっても、名義人が同意していなければ売ることはできません。

【パターン2】ローン会社またはディーラー名義の車を売る

説明をする営業の男性

ローンの残債がある場合は、たいてい名義はローン会社やディーラーになっているものです。ローン会社やディーラー名義の車を売る場合には、所有権解除という手続きをしなければいけません。

ただ、ローン会社やディーラーに所有権解除をしてください、と言ったところで、そうですかと簡単に解除してくれるものではないのです。原則として、ローンを完済することが条件であり、完済してはじめて所有権解除が可能になります。

完済できるだけの現金があれば問題なく所有権解除できますが、完済できなければ所有権解除は保留となるでしょう。

ここは注意だ

所有権解除が可能としても、実際にその車を売るためにはさまざまな書類も必要となるのでちょっと手間はかかります。

【早見表】所有権解除のために必要な書類一覧

書類名 入手先
自動車検査証(車検証) ・車の中
印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内) ・コンビニ
・役所
委任状 ・買取店
自動車納税証明書 ・役所の窓口(軽自動車)
・自宅(普通自動車)
実印 ・自宅

ローン残債車を売却&買い替えは『2つのポイント』を抑えろ

ローン残債車を売却して、車を買い替えするにはその車がいくらで売れるのかが大きなポイントになります。つまり以下の2つのポイントによって、売却する際の対応が異なるのです。

ローン残債車の売却&買い替え『2つのポイント』

1.車の売却額がローンを上回る場合(利益を受け取れる)

現金と電卓と車のおもちゃ

車の売却金額がローンの残債を上回る場合、売却したお金でローンを完済できるのですから、ほぼ問題なく所有権解除ができ名義を自分にすることが可能です。そのため、車買取も問題なくおこなわれることでしょう。

例えばローン残債が50万円だったとして、売却したい車の査定額が60万円だった場合、60万円のうちから50万円を返済に充てることができます。

残った10万円は手元に残るので、次の車の購入費用の頭金にもできるでしょう。

とはいえ、最初に完済した上で車を売ることになりますから、順序が逆になります。ただ買取業者にその旨をしっかり説明をすれば、買取業者がそういった手続きをやってくれますから問題ないでしょう。

そのため、まだ買取業者を検討している段階では所有権解除はできません。

2.車の売却額がローンを下回る場合(現金支払いorローン組み直し)

頭を抱えて落ち込む男性

車の売却金額がローンの残債を上回る場合には特に問題ありません。問題なのは車の売却金額はローン残債を下回るケースです。この場合、車を売った代金ではローンを完済できないので所有権解除はできません。

所有権解除ができないわけですから、売却金額が確定していても結局売ることができないのです。その場合に所有権解除する方法としては以下の方法があります。

  • 不足分を現金で支払う
  • 不足分を金融機関から融資してもらい支払う
  • 車を購入した場合は、新しいローンに残債分を組み込んでもらう

車を売却する場合、たいていの人は新車や中古車を購入して乗り換えることでしょう。そうなるとローンを組むことになるでしょうから、ローンの組み直しが妥当かもしれません。

ローン残債だけど新車に買い替えたいなら『借り換え+上乗せ』

車の絵を指差すサラリーマン

ローン残債がある状況で、新車に買い替えたいという人もいるでしょう。新車を購入する場合、たいていの人はローンを組んで購入することと思います。その場合には、今のローン残債をこれから組む新しいローンに上乗せして借り換えする方法があります。

借り換え+上乗せをするメリットとしては、ローンを完済できなくても新車を購入できるという点と、借り換えするローンの金利によっては利息の軽減にもなるという点です。

ただ借り換え+上乗せにはデメリットもあるのでよく知っておきましょう。

  • 借金の額が多くなってしまう
  • 借り入れの際に保証料がかかることもある
  • 金利が高いローンに借り換えたら負担が増す
  • 変動金利なら利息が上がるリスクもある

車ローンが払えないなら高く売却できる”車一括査定”がおすすめ

重要と書かれた紙を指差す

車を売却するケースとしては、現在支払っている車ローンが払えないために売却を考えている人もいるでしょう。車を売却して、そのお金で車ローンの残債がすべて完済できる、さらには安い車を購入できるだけの費用が残るのであれば問題ありません。

ですが、中には売却してもローンが残ってしまい、その不足分も現金で支払えないというケースもあるでしょう。そのような状況では所有権解除ができないため、車を売ることができません。ですが、だからといって諦めるのはまだ早いです。

そんな時には車一括査定を利用して、少しでも高く車を買取してくれる業者を見つけることです。

車の買取額は、業者によって差があり、場合によっては数十万円もの差が出ることもあります。より高く買取してくれれば、ローンも問題なく完済できるかもしれません。

【2019年最新】安心して利用できる車一括査定おすすめランキング

車を売るなら車一括査定を利用せよ
車一括査定をする手順

車一括査定サイトは、一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大のメリットは、利用者がわずらわしい交渉なしに査定額を吊り上げることができるところ。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、利用者は特に何もせずにどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 交渉が面倒&苦手な方

このような方はかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての方に必須アイテムだと言っても過言ではありません。

【2020最新】車一括査定おすすめランキング《3選》
車一括査定サービス一覧
カーセンサー ナビクル 楽天カーサービス
運営会社 リクルート エイチーム 楽天
提携業者数 1,000社 55社 100社
同時査定依頼数 30社 10社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
  1. 【1位】トヨダが太鼓判『カーセンサー』
    カーセンサー
    1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
    2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
    3. メール&電話時間指定可能

    高額買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者はなんと1,000社を超え、大手買取業者もほぼ網羅。

    また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。数ある車一括査定の中でも、最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。トヨダが太鼓判を押す車一括査定サービス"です。

    愛車のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも28万円高い査定額がつきましたよ。
    カーセンサー
    無料一括査定はこちら
  2. 【2位】ナビクル
    ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
    1. 年間利用者数No.1
    2. わずか45秒で買取相場がわかる
    3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

    中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

    中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら
  3. 【3位】楽天カーサービス
    楽天カーサービス
    1. 参加企業数は100社以上
    2. 同時依頼最大10社
    3. 楽天ポイントが貰える特典

    楽天カーサービスは車一括査定サービスの中で唯一「ポイントが貰える特典」があります。

    獲得できるポイントは「申し込みで楽天5ポイント」「売却したら楽天1,500ポイント」です。

    同じ買取業者に依頼するなら、少しでもお得に依頼できるのが楽天カーサービスの魅了です。加えて、申し込み後に買取相場が分かるので買取価格の目安にできます。

    ナビクル
    無料一括査定はこちら

まとめ

ローンの契約

ローンが残っていない車であれば、当然名義は自分ですから問題なく車を売れますし、売ったお金を頭金にして新しい車を購入することもできます。

ですが、ローンが残っている車を売る時には、所有権解除しないと売却できません。特に売却額よりもローン残債が多いと、完済できない場合もあります。

そういう場合は、できるだけ高く車を買取してくれる業者を見つけることも重要なポイントです。そのためには車一括査定を利用してみるのも一つの方法です。

ページの上に戻る